2006年02月07日

こんな時期でも

livedoor.jpg

こんな時期だけど、こんな記事を見るとちょっと感激で涙がちょちょぎれた。
ほんとに、ライブドアの皆さん風評に負けずに頑張って下さい。

でも、メディアエクスチェンジ、ターボリナックス、ダイナシティそしてライブドアオートのグループ離脱示唆はわからなくもないが、離脱するのであれば自社の持株をライブドアに金銭的に損害をかけることなくすることがまっとうな考え方でしょう。
また、平松社長にはそういった判断をして欲しいと思う。
posted by yukimasa777 at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライブドア関連
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12933371

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。